薄毛の治療の最終手段Harg療法について分かりやすく解説します!

Harg療法ってご存知ですか?薄毛の治療を行う最終手段と言われていますが、まだ理解できていないという人も多いと思います。詳しく説明したいと思いますので参考にしてみてくださいね。

★ハーグ療法の特徴★

・ハーグ療法の治療を受けた患者様に発毛効果が現れています。人間の組織を形成する幹細胞とこの幹細胞から抽出された150種類以上の成長因子により、毛包を蘇らせ、毛母細胞を強力に刺激することにより発毛を促進することが出来るのです。

・実際に発毛までの期間ですが、大体3ヶ月程度と言われていますが、早い方で時間できるのが1ヶ月程度と言れています。発毛する気配もなく費用を使っているという人もいる思いますが他の方法と比較することで理解することが出来ると思います。

・痛みが少なく治療を行うことが出来ます。実際に麻酔を使うことができて、心地よい眠りとなり、目が覚めた時には、施術が終わっている状態なので、痛みを伴うことなく治療を行って行くっことが出来ます。

・女性でも薄毛対策を行うことが出来ます。男性の髪の悩みも深刻とは思いますが、女性は髪が命とも言われています。そんな中で女性も深刻な悩みを持っているのですが、女性でもハーグ療法を受ける事ができます。

★HARG療法って★

HARG療法は、人間の組織の中心的役割を担う幹細胞から抽出された150種類以上の成長遺伝子を直接頭皮に注入する仕組みになっています。同時にHARGカクテルも注入していきます。注入された成長因子やHARGカクテルは、毛包を蘇らせ、毛母細胞を強力に刺激することで、発毛を促進することが出来るのです。

実際に、髪の毛の悩みが深刻で自分なりに様々な方法を試してみたけど、効果を実感することが出来なかったというひとも少なくないと思います。そんな人は検討してみるのもお勧めできます。多くの方が挑戦していて医療機関でしか施術を行うことが出来ない療法ですが、実際には、医療機関などで安心して受ける事ができますよね。

 

頻尿対策だけではない!ノコギリヤシ薄毛に効果的とされる理由

ノコギリヤシ薄毛に効果的と言われていますが、どんなものなのでしょうか。今回はノコギリヤシについて紹介するので参考にしてみてくださいね!

★ノコギリヤシとは

ノコギリヤシには大きく分けると3つの効能があると言われています。頻尿改善、薄毛改善、精力改善となっています。ノコギリヤシは、植物のヤシ科かた抽出される天然成分ですが、アメリカのインディアンが常用していた薬草の一種です。インディアンにハゲがいないと聞いた事ってありますか?実際にノコギリヤシに薄毛改善の効果があると分かっていたか分かっていなかったか知りませんが、薄毛の人が少なかったと言われています。

ノコギリヤシにはどんな効果があるのか気になりますよね。男性器の働きが弱まってしまうことにより、男性ホルモンは多く分泌されるようになっています。男性ホルモンが多くなることにより、5aリダクターゼちいう酸素と結合する確率が高まります。その結果、DHT(ジヒドロテストステロン)を生成するのです。DHTが貯まる事により、前立腺ないが肥大してしまい、尿道が圧迫されるので、頻尿や残尿などの排尿障害を引き起こしてしまうのです。

プロペシアは、DHTの生成を抑制することが出来る薬ですが、DHTは前立腺肥大を引き起こすだけでなく、抜け毛を引き起こしてしまいます。前立腺肥大の治療が、薄毛治療につながるということなのです。

実際に、プロペシアは、前立腺肥大の治療を受けている人から、髪の毛が増えた。太くなったという声がたくさんあります。

結果、頻尿や残尿などの症状が現れた場合には、薄毛のサインと見ても良いといえるのです。実際に、多くの方が悩みを抱えている問題ですが、頻尿改善、薄毛改善、精力改善を同時に行うことができるノコギリヤシの力で自分に自信を取り戻すことが出来るのではないでしょうか。

薄毛の悩みだけ解消しても自信を持つ事ができませんが、精力もそのままの状態だったり改善することにより、自信を期待することが出来ると思います。

 

DHT、ジヒドロテストステロンが働く脱毛作用について解説

DHT、ジヒドロテストステロンが働く脱毛作用って知っていますか?今回、紹介しますので参考にしてみてください。

・DHTとは

DHTジヒドロテストステロンは男性ホルモンです。DHTを知るには、THをしらないといけないと言われていますが、THとは、精巣で95%、副腎で5%作られている男性ホルモンの一種となっています。DHTはこのTHが変換されてできた強力な男性ホルモンなのです。

THの作用(テストステロン)

・生殖器の増殖

・性欲の増加

・精子生成量の増加

・骨格、筋肉の成長

・やる気、行動力の増進

などとなっています。

DHTの作用(ジヒドロテストステロン)

・薄毛

・体の毛の増加

・精力の減退

・前立腺が肥大

などの作用があると言われています。

薄毛や抜け毛の改善を目指すためには、DHTを抑制することが第一条件となっています。

http://xn--ydko0a7a9956a5ha836fnnes9ymmv512a.com/

実際にホルモンンが関係して、薄毛や抜け毛の悩みを抱えてしまうと言われていますが、何よりも正常な状態を保つ事ができるようにすることが大切になってきます。

治療を行っていく際にも、きちんと理解することにより、自分なりに様々な事ができるのではないでしょうか。

・薄毛や抜け毛を改善するには

DHTを抑制することにより、薄毛や抜け毛の改善を行うことが出来ますが、THである男性ホルモンを抑制して、5aリダクターゼを抑制して、DHTによって阻害された細胞分裂を活発にすることが基本となってきます。

改善に効果的な方法

日常で自分が出来る事をきちんと行って行く必要があります。また、育毛剤やシャンプー、内服薬、育毛器具、育毛サプリ、クリニックで治療などを行うことが重要になってきます。

その中でも、一番大事なことは、日常で食生活の見直しを行うようにして、生活習慣の見直しも重要になってきます。実際に、自分で行える事はコスト面でも低く行う事ができるので長く続けることが出来ます。コストがかかる場合には、長く続ける事ができないという問題もありますので、出来ることから始めてみるようにしましょう。

 

 

ハゲをネタにして笑いを取る!ハゲている人の賢いコミュニケーション術

ハゲをネタにして笑いを取ることが出来るハゲてる人の賢いコミュニケーションについてですが、真剣に悩んでいると触れられることが嫌という人も多いと思いますが、お笑いを取ることも重要になってきます。

最近では、お笑いコンビの斉藤さんは人気となっていますよね。まだ、若いのにハゲていて、それをネタにしています。実際に、私の中でもハゲって言葉はハゲている人の前では使っていけないものという考え方でした。

しかし、最近では、テレビなどで斉藤さんを目にする機会も多くなり、かくしてしまうからおかしいと感じるし、触れる事ができないと考えてしまいがちですが、斉藤さんみたいにしてると話しかけやすいですよね。

それがハゲている人のコミュニケーションに繋がっていくとも感じます。悩みが深刻な人も、斉藤さんを見る事により、今まで自信を持てなかったという人も、最近では堂々と出来るようになったという人も多くなっています。

ハゲがおもしろいのは、実際に緊張している場合でも笑いを引き起こすことが出来るからだと思います。逆に、ハゲに敏感な人にとっては、触れられたくないと感じている人もいると思いますし、周りが気にしているという態度を取る場合もありますが、自分が堂々とすることにより、周りも気を使わなくなってくると思います。

私の中学校の時の数学の先生は、かつらで逆にこの人は何って感じでしたが、社会の先生はハゲていましたが、紙がありません。というと僕も髪ないよ。と答えてくれる先生で、子供達も気を使うのではなく、みんなに好かれる先生でした。

隠していたりすると回りが気を使って話しかけずらいということもありますが、シャレで返すことが出来る余裕を持つ事により、周りとの関わりやコミュニケーションについても楽しむことが出来ると思います。

実際に、ハゲている人が光ってアピールすることにより、笑いを取ることが出来ますが、かくしている人は、笑いも取ることが出来ませんし、触れられることも少ないと思います。

今の時代は、多くの方が悩みを抱えていますが、堂々と出来る姿勢が重要になってきます。かくしてしまうことにより、周りとのコミュニケーションも出来ない状態になりますので、自分から笑いを取れる声掛けをする事により、周りも集まってくると思いますよ。

実際にハゲているから声がかけれないという問題ではなく、堂々としている人か隠している人かで笑いがとれるかどうかが決まってくると思います。

ワカメは昆布で髪が増えるという都市伝説を検証!

昔から海草を食べると育毛効果を期待することが出来ると言われていますが、本当なのでしょうか?今回ワカメや昆布などで髪の毛が増えるという都市伝説の検証をしますね!

わかめや昆布で髪の毛が増えるという医学的な根拠はありません。しかし、ミネラルやビタミンは髪に良い成分なので摂取はお勧めできますが、薄毛を改善できるというものではありません。

・海藻類に含まれる成分

髪の毛の主成分はたんぱく質です。ワカメやひじきなどの海藻類をたくさん食べる事により、髪を育成することと関係しているのでしょうか。

海藻類に含まれている成分は、ミネラルやビタミン、食物繊維などの栄養素が配合されていますが、直接髪の育成が出来るというものではありません。実際に、食品での栄養素が髪の毛に行き届くのはほんのわずかと言われています。

・わかめなどに含まれているヨウ素

ヨウ素はミネラルの一種となっていて、ヨウ素を摂取することにより体内の甲状腺の働きを高める事ができます。ヨウ素の働きが髪に少なからず育毛効果をもたらす理由としては、体内の甲状腺を活発に働かせることにより、体内に取り入れた栄養素を吸収しやすくなります。甲状腺が低下することにより、髪の毛のツヤがなくなってしまい乾燥しやすい状態で、脱毛しやすくなるのです。

・ヨードも髪の育成を助ける

海藻類にはヨードという成分が入っています。ヨードは血行促進する作用があり、髪の育成んは良いと言われています。ヨードを取り入れることにより、元気でハリとツヤのある髪の毛を育てるための効果がある栄養素を摂取するには量質なたんぱく質を欠かすことが出来ません。

・髪に良い成分でも過剰摂取はダメ

ヨウ素を積極的に取り入れ甲状腺の働きを活発することにより、髪の毛は細くなってコシがないやわらかい抜けやすい髪質になってしまいます。一つを単体で過剰に摂取しようとするのではなく、他の栄養素と同時に摂取することが重要になってきます

最近では髪の悩みを抱えている人も多くなっているのですが、バランスの良い食事と規則正しい生活を送るようにすることも忘れないようにしましょう。育毛剤などを使っていて効果を実感することが出来ないという人も多いのですが、頭皮の状態を整えるだけでは、悩みを解消することは出来ません。

何よりもバランスの良い食事と日常の規則正しい生活、ストレス発散が何よりも大きなカギを握っていると言われています。実際に、ケアだけでなく、見直しが出来る点を見直して自分なりに努力することも大切になってきます。

海藻類は悪いということではなく、実際に、成分は良いと言われていますが、過剰な摂取は避けるようにして、他の食材もバランスよく取り入れることで効果がありそうですよね。