ホーム » 薄毛全般 » ハゲをネタにして笑いを取る!ハゲている人の賢いコミュニケーション術

ハゲをネタにして笑いを取る!ハゲている人の賢いコミュニケーション術

ハゲをネタにして笑いを取ることが出来るハゲてる人の賢いコミュニケーションについてですが、真剣に悩んでいると触れられることが嫌という人も多いと思いますが、お笑いを取ることも重要になってきます。

最近では、お笑いコンビの斉藤さんは人気となっていますよね。まだ、若いのにハゲていて、それをネタにしています。実際に、私の中でもハゲって言葉はハゲている人の前では使っていけないものという考え方でした。

しかし、最近では、テレビなどで斉藤さんを目にする機会も多くなり、かくしてしまうからおかしいと感じるし、触れる事ができないと考えてしまいがちですが、斉藤さんみたいにしてると話しかけやすいですよね。

それがハゲている人のコミュニケーションに繋がっていくとも感じます。悩みが深刻な人も、斉藤さんを見る事により、今まで自信を持てなかったという人も、最近では堂々と出来るようになったという人も多くなっています。

ハゲがおもしろいのは、実際に緊張している場合でも笑いを引き起こすことが出来るからだと思います。逆に、ハゲに敏感な人にとっては、触れられたくないと感じている人もいると思いますし、周りが気にしているという態度を取る場合もありますが、自分が堂々とすることにより、周りも気を使わなくなってくると思います。

私の中学校の時の数学の先生は、かつらで逆にこの人は何って感じでしたが、社会の先生はハゲていましたが、紙がありません。というと僕も髪ないよ。と答えてくれる先生で、子供達も気を使うのではなく、みんなに好かれる先生でした。

隠していたりすると回りが気を使って話しかけずらいということもありますが、シャレで返すことが出来る余裕を持つ事により、周りとの関わりやコミュニケーションについても楽しむことが出来ると思います。

実際に、ハゲている人が光ってアピールすることにより、笑いを取ることが出来ますが、かくしている人は、笑いも取ることが出来ませんし、触れられることも少ないと思います。

今の時代は、多くの方が悩みを抱えていますが、堂々と出来る姿勢が重要になってきます。かくしてしまうことにより、周りとのコミュニケーションも出来ない状態になりますので、自分から笑いを取れる声掛けをする事により、周りも集まってくると思いますよ。

実際にハゲているから声がかけれないという問題ではなく、堂々としている人か隠している人かで笑いがとれるかどうかが決まってくると思います。