ホーム » 薄毛全般 » ワカメは昆布で髪が増えるという都市伝説を検証!

ワカメは昆布で髪が増えるという都市伝説を検証!

昔から海草を食べると育毛効果を期待することが出来ると言われていますが、本当なのでしょうか?今回ワカメや昆布などで髪の毛が増えるという都市伝説の検証をしますね!

わかめや昆布で髪の毛が増えるという医学的な根拠はありません。しかし、ミネラルやビタミンは髪に良い成分なので摂取はお勧めできますが、薄毛を改善できるというものではありません。

・海藻類に含まれる成分

髪の毛の主成分はたんぱく質です。ワカメやひじきなどの海藻類をたくさん食べる事により、髪を育成することと関係しているのでしょうか。

海藻類に含まれている成分は、ミネラルやビタミン、食物繊維などの栄養素が配合されていますが、直接髪の育成が出来るというものではありません。実際に、食品での栄養素が髪の毛に行き届くのはほんのわずかと言われています。

・わかめなどに含まれているヨウ素

ヨウ素はミネラルの一種となっていて、ヨウ素を摂取することにより体内の甲状腺の働きを高める事ができます。ヨウ素の働きが髪に少なからず育毛効果をもたらす理由としては、体内の甲状腺を活発に働かせることにより、体内に取り入れた栄養素を吸収しやすくなります。甲状腺が低下することにより、髪の毛のツヤがなくなってしまい乾燥しやすい状態で、脱毛しやすくなるのです。

・ヨードも髪の育成を助ける

海藻類にはヨードという成分が入っています。ヨードは血行促進する作用があり、髪の育成んは良いと言われています。ヨードを取り入れることにより、元気でハリとツヤのある髪の毛を育てるための効果がある栄養素を摂取するには量質なたんぱく質を欠かすことが出来ません。

・髪に良い成分でも過剰摂取はダメ

ヨウ素を積極的に取り入れ甲状腺の働きを活発することにより、髪の毛は細くなってコシがないやわらかい抜けやすい髪質になってしまいます。一つを単体で過剰に摂取しようとするのではなく、他の栄養素と同時に摂取することが重要になってきます

最近では髪の悩みを抱えている人も多くなっているのですが、バランスの良い食事と規則正しい生活を送るようにすることも忘れないようにしましょう。育毛剤などを使っていて効果を実感することが出来ないという人も多いのですが、頭皮の状態を整えるだけでは、悩みを解消することは出来ません。

何よりもバランスの良い食事と日常の規則正しい生活、ストレス発散が何よりも大きなカギを握っていると言われています。実際に、ケアだけでなく、見直しが出来る点を見直して自分なりに努力することも大切になってきます。

海藻類は悪いということではなく、実際に、成分は良いと言われていますが、過剰な摂取は避けるようにして、他の食材もバランスよく取り入れることで効果がありそうですよね。